生活情報

「生活情報」の有益情報をお届け!

NET.生活向上委員会

生活に有益なNET上の情報を検証してお届けします。

サークルネット
ジェームス・スキナー2枚組CD無料プレゼント! [image]富裕層の投資法、なぜ、日本の投資信託の現状、限定ビデオ完全無料公開中
2012年05月03日

ブランド品をいつでもセール価格で買う方法

現役バイヤー達が鬼のような形相で大激怒
しているようです。

ある一人のバイヤーが、国内定価の最大85%
オフでブランド品を買う方法を伝授して
しまったからです。

しかも、自宅から一歩もでないで買うことが
できます。

これってちょっとしたカルチャーショック
ですよね。

私がよく行くドンキホーテよりも高い割引率
で買えて、さらに家まで届けてくれると
というサービスがあるようなものですから。

買い方はとても簡単で、どのブランドを
どのサイトで買えばいいのか一目で分かる
ようになっています。

初心者にやさしいです。

ブランド品で一番心配なのはやはり「偽物」。

偽物を売ったらガチンコで逮捕されて
しまいます。

知らなかったからなんて言っても逮捕されて
しまいます。

ですが、これは不安を抱くことなく安心して
ショッピングすることができます。

この手順書に含まれているショップリストは、
海外有名デパートをはじめとした、100%本物、
新品を取り扱っているリストだからです。

日本で言えば、三越、伊勢丹、大丸、高島屋、
などが偽物を販売しているはずがない、
というのと同じことですので安心できます。

あなたの予想もしなかった価格で仕入れて
バイマ、ヤフオク、ネットショップで売って
稼ぎまくるのもいいですし、自分へのプレゼント
として買うのもいいですね。
http://www.tmaweb.biz/41762/

しかも今だけこの価格。

円高のうちに手に入れることをお勧めします。

この教材は超有名起業家も
「買わなきゃ損!」って言って
いるくらい永久につかえる手法です。

稼げるからっていうのもありますが、
今後、彼女や奥さんにどれだけブランド品を
せがまれるかわかったもんじゃありませんから。

ちなみに私はここから今年のクリスマス
プレゼントを買おうと思っています。

国内価格5万円のものを85%オフの
7500円で。

7500円で買ったことはもちろん、
ナイショ!!!

まさにプライスレス。
http://www.tmaweb.biz/41762/
posted at 17:07
Comment(0)
カテゴリー:生活情報
エントリー:ブランド品をいつでもセール価格で買う方法
2011年03月13日

皆さん一緒に行動しませんか?

【拡散希望】
東北地方太平洋沖地震。
未曾有の災害となっていますね…。

被災地の方々の無事をお祈りするばかりです。


僕も何かできないかと考えた末に、
少しでも力になれればと寄付をすることにしました。

https://justgiving.jp/c/1746


メルマガ読者さんから
教えてもらったサイトなのですが、
ネットバンクやカード決済で500円から寄付ができます。

さらにこのサイト。

1人1人で寄付をすることもできますが
目標金額を設定してチャレンジしている人を
応援することができ、共に目標達成を目指すことができます。


そこで、僕もこのような媒体をもつ者として
1人でも多くの方に呼びかけることができればと、
「チャレンジ」をすることにしました。


目標金額は【3,000,000円】です。


今のような事態に
「チャレンジ」という言葉は不謹慎かもしれませんが、
あくまでサイト上のコンセプトとして受け止めてください。

そして、この「チャレンジ」は
僕1人だけのチャレンジではなく、
僕のメルマガ読者さん全員での挑戦です。



もちろんほかで何か
行動のあてがあるのであれば
そちらで行動されればいいと思います。

しかし、何かアクションを起こしたいと思いつつも、
具体的に何をすればいいか思いつかないという場合は、
このサイトを通して、僕と一緒に目標に挑戦しませんか??

https://justgiving.jp/c/1746


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1円でもいいと思います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「1円では何もできない。」

と笑う方がいるかもしれません。

しかし、この規模の震災となると、
それが10万円であっても、100万円であっても
全体からするとちっぽけな額になってしまいます。


大事なのは「それで何ができるか」ではなく、
「とにかく行動した」という事実ではないでしょうか。

大事なのは「お金」ではなく
「想い」+「行動」ではないでしょうか。


このサイトでできる寄付は最低500円のようです。

ほかの人が5000円寄付していようが、
1万円寄付していようが関係ありません。

500円の寄付でも、堂々と胸を張っていいと思います。

https://justgiving.jp/c/1746


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「お金が一番なんですよ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これは、あるメルマガ読者さんからの
メールに書かれていたフレーズです。


こういう災害が起きたときに、
家の不用品を直接送る人がいるそうですが、
結局、被災地の人が求めるものとは違い、
逆に困らせてしまうことがあるそうです。

「ありがた迷惑」になってしまうということです。


またボランティアを募るなどして
人員を送ることも、二次災害につながる恐れがあり
必ずしも正しい行動にならない可能性があるそうです。


僕は、現場で何が足りないのか分かりません。
自分の目で確かめに行く時間的余裕はありません。

でも、お金であれば、正しい団体に渡せば
最善の使い方をしてくれるだろうと思います。


もちろんこの団体が正しい団体かどうかを、
100%保証することはできません。

でも僕は、団体の基本情報に加えて、
すでに集まっている金額の大きさや、
堀江さんが応援しているという事実から、
総合的に「信用してもいい」と判断しました。


あなたの目で確認して、
「信用してもいい」と思えたら、
この団体に託してみませんか??

https://justgiving.jp/c/1746

と、お誘いのかたちをとっていますが…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■これは僕の自己満足です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

寄付を強要する気はありません。


僕が寄付する先を探していたときに、
メルマガ読者さんから教えてもらったサイト。

そこでは、仲間を募って
一緒に目標達成を目指すことができたので、
媒体をもつ者として声かけをしています。


だから、

「一緒に募金してください!」
「ぜひご協力をお願いします。」

というお願いのスタンスではありません。


「僕は自分の信念にのっとって寄付を済ませました。
あなたも、よかったらいかがですか?」

というお誘いのスタンスです。


というのも僕は、
誤解を恐れずに言えば、


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■チャリティーCDを販売するミュージシャンが嫌いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

よくチャリティー用のCDを制作し、
そのCDの売上の一部を寄付金に回す、
有名なミュージシャンの方々がいます。


誤解を恐れずに言いますが、
僕は小学生か中学生のころから、
彼らにずっと疑問を抱いていました。

「ミュージシャンは印税や何やでお金持ち」

これは、当時中学生だった僕でも
なんとなーく知っていたことです。


だから、正直な話、チャリティーCDや
チャリティーライブを通して寄付を行う方に対して

「お金持ちなんだからファンから巻き上げなくても
自分でまとまった金額を寄付すればいいのに…。」

と思っていました。


もちろん、今は、
「みんなから少しずつ」というスタンスの方が、

■より多くの金額を集められたり、
■多くの人が募金できる「場」を作ったり、
■みんなの「想い」を乗せたお金にしたり、

などなど、
別の側面で意味があるのは分かっています。


でも、やっぱり、
「お金をたくさんもっているらしき人」が
「お金をもっていない人」からお金を集めて
募金としてもっていくことに疑問を感じていたのです。


「お金を持っているんだから募金しろ」

と言いたいのではありません。


「お金を持っているのに、そんなやり方なの?」

という素朴な疑問を感じたのです。



そんな中。

唯一記憶に残っているのが、
メジャーリーガーの松井秀喜が、
何かの災害の際に3000万円まとめて寄付したこと。

見ていて「気持ちがいいなぁ」と感じたのを覚えています。



僕の中では、寄付って、
そういう風に個人で完結すべきものなんですよね。

だから僕は、些細な金額ではありますが、
自分で決めて、自分で動きました。


あなたも、よかったらいかがですか?

https://justgiving.jp/c/1746

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■やり方を説明します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここから先は、
この寄付に興味のある方にむけて書きます。

サイトにアクセスした後の、手順に関する説明です。

↓↓↓

-----------------------------------------------------------
【1】「このチャレンジに寄付する!」ボタンをクリック

【2】寄付金額・支払い方法を選ぶ
(VISA・Masterカード、ネットバンク決済)

【3】会員登録して決済へ
-----------------------------------------------------------

簡単ですよね。

このメールを読んでいるくらい、
ネットリテラシーの高い方であれば、
サイトを見ながら理解できると思います。


はじめにも言いましたが、
必ずしも僕のチャレンジの応援をする必要はありません。

ご自身で何か考えて動かれているなら、
それでOKだと思います。


ただ、気持ちはあるけど、
どこでどう活動していいか分からないという方や、

一瀬と一緒に目標を達成したいと
思ってくれる方は、ぜひこのサイトをご利用ください。

https://justgiving.jp/c/1746


一瀬翔
http://kaitekilifestyle.web.fc2.com/teiden/teiden20110313.pdf
タグ:震災 援助 寄付
posted at 10:19
Comment(0)
カテゴリー:生活情報
エントリー:皆さん一緒に行動しませんか?
2011年03月06日

24時間を有効に使うために

本日は特別無料ご招待の連絡です。

私も以前参加した事のある

「速読体験セミナー&
 速読インストラクター短期養成講座説明会」

がリニューアルしました!

よそおいも新たに

「速読の学校マスターコース
 体験学習会」

に生まれ変わりました。
 ↓
http://goo.gl/aYklT※リニューアルキャンペーンのお知らせが最後に
 ありますので、ここでは申込をしないでください。
 ここで申し込みをすると有料になってしまいます。


速読を身につけていきたいと
思っている方は少なくないと思います。
しかし、その機会がなかなか無い、と言うのも現状です。

そこで、まず体験して頂いこうと言う趣旨でセミナーが開かれています。

人はそれぞれ、一日24時間しか与えられていません。

一日に読書で得られる情報は、一日に読める本の冊数と言う事です。

ならば、一日に読める量が増えれば
実質、一日の時間が延びたのと同じ効果と言う事になりませんか?


具体的な目標としては
3倍〜20倍の読書スピードを目指します。

受講生の中には
65歳で速読を学び、
今では250ページのビジネス書を10分前後で読めるように
なってしまった方もいらっしゃるようです。


そして、
体験学習会では
速読の学校マスターコースでお教えしている
内容の入門編をお伝えします。

・どうすればあなたの読書スピードがアップするのか?
・なぜ右脳速読は上手くいかないのか?
・65歳で1分間に1万文字を読める男性が行った●●トレーニングとは?

などなど
読書のメカニズムを解説し、
どうすればあなたの読書速度が上がるのかをお教えします。

また、体験学習会では
その場で実際に速読のトレーニングの一部を
体験していただきます。

そして、
わずか10分程度のトレーニングで
読書速度がアップすることを体験していただきます。

体験学習会の受講生の
約95%以上の方がその場で読書速度のアップを
実感していただいています。

実際、私も参加して読書の速度が上がりました。

ぜひ、あなたも
速読が身につくことを実感してみてください。

そして、
今回、サイトのリニューアルを記念して
3月31日(木)まで体験学習会に【無料】で
ご招待させていただきます。

まだ驚異の速読体験をしたことがない場合は
この機会にお越しください。

無料ご招待はこちらのフォームから
お申込ください。
 ↓
http://goo.gl/jHmSa
※無料招待でお申込する場合には
 紹介者欄に必ず「浦和校 黒川」と記入して下さい。

でなければ無料では参加できません。 
posted at 12:46
Comment(0)
カテゴリー:生活情報
エントリー:24時間を有効に使うために
リンク集
プロフィール
CURO.JPG 名前:CURO
誕生日:7月16日
性別:男
職業:自由業
現住所神奈川県
一言:プロフィール詳細



夢丸情報ビジネス3億円の仕組み
お薦め無料レポート
   
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリ
検索
 
ファン
最近のコメント
本日の厳選無料レポート by ホームページの作り方 (11/19)
最近の記事
過去ログ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。